日独同時交流

ドイツスポーツユーゲントは„スポーツは私たちを結ぶ“をモットーに、1973年より日本スポーツ少年団と日独同時交流を行っています。

伝統となりつつあるこの交流では、毎年125名の団員がお互いの国へ渡り、人々と交流したり、文化を学んだりしています。

18日間、色々なプログラムに参加し、ホームスティーをすることによりその国の社会や日常生活を肌で感じることができます。そこで両国の共通言語として、重要な役割を果たすのがスポーツです。

今までに1万人以上の団員と指導者がこの交流に参加しました。文化の違う国々の青少年育成や友好関係の構築に貢献しています。この日独同時交流を通して、たくさんの友情が芽生えただけではなく数多くの交流事業が始まりました。

さらに、ドイツスポーツユーゲントと日本スポーツ少年団は毎年、青少年スポーツ活動に携わる指導者の交流も実施しています。

お問い合わせは、州スポーツ連盟または競技連盟、もしくはドイツスポーツユーゲント日本担当までご連絡下さい。

宮下かおり / マズッフ古川実千子
japan@remove-this.dsj.de 
Tel:  069- 6700 334


Seite drucken

日独同時交流

ブログ

交流の歴史

言葉の手引き

パートナー

フォトギャラリー